日本軍に「三民主義」信奉者を殺害する理由はない

中国が「南京虐殺」をユネスコ記憶遺産に申請するに際して2014年に中国中央電視台(CCTV, China Central Television)が関連画像・動画として報道したもの。 
 
  
 
0:10~辺りから始まる人を埋める映像は日本兵であるのか不明。(一部にはヘルメットが中国軍であるとされる)何かドラマ仕立てのようにも見える。
0:15~ 埋められる人の上に札のような物が見え、別の鮮明な動画より↓  
 
スクリーンショット (161).png 
 
『三民主義』と書かれている。 
三民主義とはー  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%B0%91%E4%B8%BB%E7%BE%A9 
 
1906年に孫文が発表した中国革命の基本理論であり、また後にまとめられて出版された理論書である。これは中国国民党の基本綱領として採用され中華民国憲法にその趣旨が記載されている。
 
  
日本軍がこの三民主義を信奉する中国人に恨みがある訳でもなく、象徴的に札を抱えさせて殺害する必要性も見当たらないので、この映像は中国の国共内戦に絡むものから転用してるのではないかと推測します。 
「南京虐殺」映像には、国共内戦時や漢奸狩りなどから転用される事が多い。 
 
 

この記事へのコメント